社会貢献活動

「地域がある、私たちがある 社会・環境への取り組み 2018-2019」

リーフレットは
こちらからご覧いただけます。

地域のお客様に安全・安心な商品をお届けするために、 そして社会貢献や環境保全のために、ヨークマートが取り組んでいることを分かりやすくまとめました。
写真やイラストで、お子さまにも楽しんで見ていただけます。 ぜひご覧ください。


地域のお客様が誰でもご利用いただける安全で安心な店舗を目指して

ヨークマートでは、車椅子で入れる「多目的トイレ」を68店舗に設置。また、店舗入口近くに車いすマーク付きの駐車スペースを設けています。店頭から点字ブロックで案内された「ふれあいコール」は、目の不自由なお客様にも安心してお買物いただけるよう、社員を呼ぶためのもの。
店舗はバリアフリー新法を基準に設計しており、誰もが安心して利用できる安全な店でありたいと考えています。


※多目的トイレ設置店舗数、バリアフリー新法対応店舗数はいずれも2018年3月現在


障がい者雇用促進の取り組み

当社は、障がいのある方々や高齢の方々など誰もが快適に参加できる社会をめざす「ノーマライゼーション」を推進しています。そして「全ての店舗・事業所に障がいのある方が勤務しているのが自然な姿」と考え、一人ひとりの障がいの内容や程度、本人の希望などを考慮した配属先で、他の同僚と原則として同じ仕事をしていただいています。職場の同僚となる社員に対しては、新入社員から障がいのある方に対するサポートの仕方などを身につける研修を実施しています。
2004年には、東京都から障がい者雇用優良事業所の表彰を受けました。現在も、各店舗の売場から事務部門までの幅広い職場で、84名の障がいのある方が活躍しており、法定雇用率も達成しております。
※雇用人数は2018年3月1日現在


認知症サポーター養成

認知症のお客様にも安心してご来店いただける店づくりの一環として、認知症サポーターの養成に取り組んでいます。2017年度には累計約1,200名の社員が認知症サポーターに認定されました。
認知症サポーターになった従業員は、オレンジバッジやオレンジリングをつけています。


小・中学校などへの研修協力

出店地域の小・中学校からのご要望にお応えして、「体験学習」に協力しています。店舗に地域の児童・生徒さんたちをお迎えし、店長や社員から指導を受けながら売場での商品の品出し作業、接客など食品スーパーの業務の一部を体験していただいています。
また、障がいのある方の就業支援など社会参加支援の一環として、養護学校からの生徒さんをお迎えし、体験学習を実施しています。

トップに
戻る