安心・安全の取り組み

より信頼できる食品へ

より信頼できる食品へ 当社は商品の開発・調達にあたって、安全性や信頼性を何よりも重視しており、商品の企画から販売に至る各段階で品質管理を徹底しています。
お客様に安心してお買い物をしていただけるよう、原料・産地・製法・流通経路に関する情報開示に努めており、今後も「お客様から選ばれる小売業」をめざして、適正表示はもちろん、安全性や信頼性をさらに高めていくとともに、快適で安全な店舗づくりを推進していきたいと考えています。


地域の生産者の方と新鮮で安全な食品の提供に取り組んでいます

地域の生産者の方と新鮮で安全な食品の提供に取り組んでいます 店舗近隣の生産者から仕入れた、採りたて「地場野菜」をほぼ全店舗で販売しています。地場農産物の販売は、店舗近隣の生産者の方々とお客様の交流を促し、鮮度と安心感をお客様に提供することができることから、今後も取扱品目・量を拡大していきます。


近隣の生産者から商品を仕入れさせていただくもう一つの理由は「地産地消」、つまり商品が生産された場所で消費することは、店舗がある地域経済の支援に多少なりとも貢献できる取り組みであると考えています。また、生産物を保管・輸送するエネルギー消費を抑制できることから、環境負荷の低減につながる活動でもあります。
引き続き「地場野菜」の仕入れ・販売を通じ、地域社会との共存共栄に努めていきたいと考えています。


牛肉の安心・安全

牛肉の安心・安全 流通経路に関する情報開示である牛肉のトレーサビリティは、牛が、「いつ、どこで、どう生育されたか」を、生産から販売までの流通経路を通じて「個体識別番号(国内産の全ての牛に付けられる一頭一頭を識別する番号)」を管理・継承することで、その履歴が追跡できるシステムです。
個体識別番号を所定のサイトで検索いただきますと、牛の生産・流通履歴データをご確認いただけます。

トップに
戻る